2016.05.12
結婚の神「ジュノー」に守られて・・

5月に入り、夏のように暑い日もあれば、肌寒い日もあります。
暦の上ではすでに夏、今は「蚯蚓出(みみずいずる)」という冬眠していたミミズが土から出てくる季節だそうです。
木々の新しい芽の息吹き、初夏の花の香り、そして爽やかな風の感触、すべてが新しい始まりを予感させてくれます。

そんな中、また新しいスタートを予感させるような嬉しい報告がありました。
かねてより交際中だったカップルですが、つい先日彼からプロポーズをされ、もちろんOKしたとのこと。
交際から3ヶ月半が経ち、お互いに仕事が忙しい上に休みも合わず、デートは出来ているのかしらと心配していましたが、お互いの気持ちはしっかりと固まっていたようです。
今思えば、交際中に彼女から聞いた言葉がそのすべてを物語っていたような気がします。

彼の仕事が多忙を極める中、彼女のために休みを取り、二人で出掛けた帰り道。
帰りの電車の中で疲れのためか、うたた寝をする彼。
その彼の寝顔を眺めながら「こんなに疲れているのに私に会いに来てくれたのだなぁ」と感激する彼女。
彼女は外見もですが、内面も本当に美しい女性です。
都会に住みながらもいつまでも純粋でどこか少女のようなあどけなさも感じます。
そんな彼女が選んだ彼もまた本当に素晴らしい男性です。
来月にもお互いの両親への挨拶を済ませる予定だと聞いています。

ギリシャ神話に登場する6月の守り神「ジュノー」は結婚の神様なのだとか。
思い出に残る月になりそうです。

TOPへ