2016.08.28
お盆の時期に成婚退会がありました

本日は午後から2組4名のカップルが成婚退会手続きにお越し頂く予定なので、とても楽しみです。

さて、少し前になりますが、先々週の土曜日に結婚が決まったカップルが成婚退会の手続きに来てくださいました。
女性の薬指には婚約指輪が輝いていました。

女性は昨年6月末に、男性は2ヶ月後の8月末にご入会頂きましたので、それぞれ入会から1年程での成婚退会となりました。

今回は彼女のことについて少し書かせて頂きます。
彼女は結果的に入会からたったの1年程で彼女は成婚退会されましたが、それに一番驚いたのは彼女自身だったと思います。
と言いますのも、彼女は結婚願望はあったものの、毎日職場と自宅の往復だけで新たな出会いはありませんでしたので、意を決して昨年5月にJMA四日市が開催したパーティーに参加頂きました。楽しんで頂けたそうですが、それほど社交的な性格ではない彼女は自分にはパーティーは向いていないと思ったそうで、後日JMA四日市にご入会頂きました。

彼女が入会された日のことを今でも鮮明に覚えています。彼女が入会面談にいらした時の彼女の表情は自信なさげで不安に満ちたものでした。一通りシステムの説明を終え、質問がないか尋ねたところ、「結婚が決まらないのはどういう人ですか?」とのご質問。「入会したことに満足して、活動しない人です」とお答えしました。
このことを覚えていたのか、彼女は積極的に活動され、少なくとも2週間に1度はサロンに通って頂きました。休日は自宅でゆっくりしていたい彼女の性格からすると相当に頑張って頂いたと思います。
入会時には「自分は年齢も高いし、自信が無い」とおっしゃっていましたが、入会してからは7人の方とお見合いして頂きました。

ある男性とお見合い後、交際になったことがありました。
男性から積極的にアプローチがあり、毎週デートに出掛け、端から見ていると順調そうな雰囲気でした。ですが、デート後に交際状況の報告のためにサロンにいらっしゃると、いつも表情が暗いのです。
「調子はどうですか?」と聞くと、決まって「よくわかりません」とのご回答。
彼女としては、いい人だし、自分のことを思ってくれるし、条件もいいし、35歳の自分にはもう次はないかもしれないし、という事で必死に自分に言い聞かせようと努力したようです。
ですが、客観的に彼女の顔を一目見ればうまくいかないことは明らかでした。「他の人とお見合いしたらどう?」とか「お断りする?」と何度も何度も薦めて、ようやくお断りする事になりました。何回会っても自分の気持ちが動かなかったそうです。

その後、程なくして運命のお相手となる男性から申し込みが入ります。(共通の趣味があったので男性にお薦めしていました)
彼と交際が始まってからも、デート後に一人でサロンに顔を出してくれたのですが、その時の表情は以前とは別人のようでした。自分の気持ちというのは正直ですね。
交際中も色々な相談に来て頂きましたが、どれも交際の進め方に関する前向きなものでした。
彼は寡黙ですが、やるべきことはしっかりとやる頼りがいのある性格ですので、そういった所に惹かれたのでしょう。のんびりと交際していましたが、いつの間にか彼女の方が積極的に話を進め、いつの間にか指輪を購入されたと聞いて驚きました。その後は双方の親への挨拶、結納、結婚式ととんとん拍子で進みました。
8月7日に結納され、なんと1ヶ月後の9月11日に結婚式。現在家探しの真っ最中なのだとか。

彼女の頑張りの成果が出て、入会から1年3ヶ月で結婚を掴み取って頂くことができました。そして彼女はとても明るい表情で退会していきました。

このカップルの場合、入会からたったの1年程で結婚式まで進みました。もちろん早く結婚したいと思って入会して頂いていますが、1年後に結婚式を挙げているとは入会時には想像してなかったのではないでしょうか。

1年という時間はあっという間に過ぎて言ってしまいますが、婚活をするにあたっては、女性の1年間はお金では買えないほど貴重なものです。1年あればこのカップルのように人生がガラリと変わる可能性があります。
少し勇気がいるかもしれませんが、どんなことでもご自分が行動しないと何も変わりません。彼女のように一歩を踏み出してみませんか?
 

女性
comment1

comment2

男性
comment3

TOPへ