2011.07.06
サラダ記念日

今日は7月6日。
つまりサラダ記念日。
私達と同年代の人にとってはとっても懐かしいと思います。
まだ20代の頃、この歌集のすべての言葉の響きがとっても新鮮で、夢中になって読んだ記憶があります。
中でも私のお気に入りはこの歌。

 

「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ

 

今でも親しい人に結婚祝いをあげる時など、メッセージカードにこの歌を添えたりしています。
日本語って素敵ですよね。

 

さて、言葉といえば、あるカップルのお話。
他愛も無いデート場所や日時を決めるときのよくある男女の会話にて・・
男性は彼女の意見や希望もきちんと聞いていたつもり。
でも女性は一方的に男性の希望を押し付けられていたと感じていたのです。
男性は常に彼女の意見も尊重しているから安心だと高をくくり、反対に女性は長い間不満を募らせていたので我慢できなくなり、ついに彼女の方からお断りの連絡が・・(ToT)/~~~
男性はもちろん寝耳に水という感じで驚いていました。
気持ちが伝わっていなかったのかなぁ・・と反省しきり。

 

先日読んだ小説の中で、祖母が孫に諭す場面で「言葉っていうのは相手に自分の気持ちを伝えるだけではなく、自分を認めてもらうための方法なんだよ。」という台詞がありました。
なるほど・・と感じたのは昨日、松本前復興担当相が問題発言で辞任したのを目の当たりにしたからでしょうか。
言葉の持つ重大さを再認識した出来事でした。

TOPへ