2018.09.14
イソップの教訓

一匹の犬が肉をくわえて川を渡っていた。
川の水面に映る自分の姿を他の犬と勘違いし、肉を奪ってやろうと吠えた。
するとくわえていた肉が川に落ち、流されてしまった。
結局犬は自分の肉を失ってしまった。

 

有名なイソップの寓話「よくばりな犬」のお話は、子供の頃に何度も読んだ記憶があります。
子供心に「馬鹿だなぁ。欲張ったために結局大事なものを無くしてしまって・・」と感じたはずですが、大人になるとその教訓を忘れてしまうものかもしれません。

 

 

女性が交際をお断りする時、最近特に多いのが、
「男性がデート代を出し惜しみする」「ワリカンなのに自分の方が多く払わされる」との理由です。

 

もちろんデート代を男性が全額払ってくれることにこしたことはありません。
ですが、やはり女性も男性が払うのが当然という態度はもちろんNGですから、マナーとして自分の分はということで出されることが多いようです。

 

ところが、昨今はそれを当然のように受け取り、ましてや女性に多く支払わせる男性のいかに多いことか。
何円の単位まできっちりワリカンというのも何となく嫌ですが、女性に多く払わせるのはもっての他、やはりここは男性としてのプライドと意地を見せましょう。

 

ましてや、女性の倍の年収の男性がこの態度ですと、女性は「自分の事を大切に思っていないのだ」と感じてしまうのも当然だと思います。

男性の相談所からは「気に入っている」「前向き」との気持ちを聞いていた矢先にこの理由でお断りされ、
結局後悔することになるのですが、なかなかご自身では気付かないことが多いようです。

 

少しの出し惜しみで大切なものを無くしてしまうことのないよう、
男性にはちょっと頑張っていただきたいなと思っています。

 

大切な肉を無くしてしまったイソップの犬のようにならないために

TOPへ