2010.08.04
暑中お見舞い申し上げます

毎日暑い日が続きますね。
でも8月6日で土用が明ければ、暦の上では秋。
何だかここ最近の温暖化で日本古来の暦上の季節感がそぐわない感じがします。
手紙というのは季節感を感じさせるものですが、6日の立秋が過ぎれば季節は秋ですので、「暑中見舞い」から「残暑見舞い」に・・・。
どんなに暑くても、季節の移ろいを知らせてくれる日本の手紙という文化には風情がありますね。
会員さんからも時折涼しげな絵葉書で暑中見舞いを頂きますが、やはり手紙というのは頂くと嬉しいもので、暑さを忘れさせてくれます。
先日、成婚退会したカップルの女性からも暑中見舞いのお葉書が届きました。
結婚式に向けての準備等で忙しい毎日を送っていること、独身生活もあと少しになりちょっぴり寂しい気持ちになったりすること等、彼女らしい絵柄の葉書にお二人の近況が書き綴られていました。
ご両親の元で生活するのも残り僅かですが、これからはご両親よりも長く暮らしていくであろう彼との新しい生活が待っています。
今度は結婚式の写真入りのお手紙を楽しみにしていますね。
どうか末永くお幸せに・・・(*^。^*)

TOPへ