• HOME 
  • ご成婚実績 
  • カウンセラーが綴る成婚ストーリー
勇気ある決断が幸せを掴みました

どちらか一方に婚歴がある場合、特に初婚の方は、お見合に二の足を踏むことがよくあります。
彼の場合もそうでした。
彼女に婚歴があり、ご自分が初婚だったからです。

 

彼女の場合、最初のご結婚で本当に辛い思いをされ、離婚理由も男性側の一方的な非によるものでした。
お相手に婚歴がある場合、やはりその理由が結婚の大きな障害になるのは当然のこと。
彼は考えに考えた末、ようやくお見合をしてみる決意をしました。

 

そしてこの勇気ある決断がその後の彼の運命を変えることに。

 

お見合当日、彼女の美しさと内面からあふれ出る気品、そして優しい心遣い、どれをとっても彼をひと目で夢中にさせるには充分すぎるものでした。

 

その後は最初の不安を払拭させるように、彼からの積極的なアプローチで交際は順調に進み、お見合いから3か月後には結納の運びとなりました。
そしてその1か月半後には結婚式。
晴れの日、彼女の花嫁姿のあまりの美しさに彼は言葉を失い、ただ見とれるだけだったそうです。

 

「もしあの時、会ってみなさいと勧めて頂かなかったら僕の今の幸せはなかったと思います。婚歴みたいな世間体に縛られていた自分を恥じます」とおっしゃった彼。

 

しかし今ある幸せは、彼が私のアドバイスに耳を傾けてくださったからこそ。

 

彼自身の勇気ある決断で幸せを掴むことができたのですから。

 

 

男性 : 36歳 会社員
女性 : 33歳 会社員

TOPへ