ご成婚者の声 - JMA四日市

ACCESS MAP

BLOG

TEL 0120-497-027 来店ご予約・資料請求

当サイトは、20歳未満の方はご利用できません。

  • ホーム
  • JMA四日市とは
  • ご入会の流れ
  • お見合い
  • 成婚ストーリー
  • よくある質問
  • 会社概要

JMA四日市でご成婚された方からのお手紙をご紹介します

手紙

JMA四日市皆々様へ

先日は、ありがとうございました。
本当はもっと早く退会の手続きに伺うべきだったのですが、仕事の都合と両家の行事が重ったりして、遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。
今は二人で考えた新居の完成を楽しみにしながら、仕事と資格試験の勉強に励む日々です。
来月からは挙式の準備も始まります。
今は、入会した当初に想像もできなかったぐらい、とても幸せです。
『年下の子だから…』と迷っていた私の背中をおしてもらったこと、すごく感謝しています。あのまま、嫌々付き合っていた親戚のすすめるお見合い相手と結婚していたら…と考えると…。たぶん、今も踏み切れずにうじうじと悩んでいたと思います。

私にとって、彼は理想以上の人でした。彼の御両親はとても気さくな方々で、何でも話のできるあたたかい家庭。彼自身は、ある意味、とても父に似ていて…今では、私の話よりも彼との話にばかり父は耳をかたむけるようになりました。
周囲は結婚を決めるまでのスピードに驚きましたが、私自身が一番驚いています。こんなに話がスムーズに進むとは思ってもみなかったことだったので。

まだ始まったばかりですが、彼のことを信じて、二人で一歩ずつ前に進んでいこうと思っています。
一時期結婚することをあきらめていたことが、今はウソのようです。JMA四日市に行って、入会して、幸せになるチャンスをいただけたこと、とても感謝しています。このチャンスを無駄にしないように、私なりに努力し続けるつもりです。

片山御夫妻、皆々様、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

手紙

暑中お見舞い申し上げます。
毎日毎日、本当に暑いですね。
皆様お元気でお過ごしでしょうか?

私も彼も元気に、結婚式や新生活の準備に忙しくしています。
色々なことを決めていくうえで、ケンカしたり、落ちこんだりしますが、お互いに無理のないペースで前に進んでいます。

たくさんの方々に祝福され、今とても幸せですが婚約期間もあと少し。ちょっぴり寂しい気もしますが、彼と仲良く二人三脚で頑張りたいと思います。温かい人に出会え、本当に良かったと感謝しています。

落ちつきましたら彼と二人で遊びに行きたいなと思っています。厳しい暑さが続きますので、お体にお気をつけてお過ごし下さい。

手紙

盛夏の頃、いかがお過ごしでしょうか?大変ご無沙汰しております。 私達夫婦はこの7月22日、初めての結婚記念日を迎えました。主人と結婚式を挙げたホテルの日本料理店での席で向かい合いながら、この1年の大切な日々を思い出していました。

緊張でいっぱいになりながら、そちらへおうかがいした日から彼と退会の日にお伺いした日までの1年間、スタッフの方々には温かく接して頂きました。そのお陰で主人との充実した1年をしっかりと歩んでこれたのだと大変感謝しております。

私は主人に守られながら、精一杯家事に奮闘しています。そちらにお伺いし入会させて頂きなかなか話がまとまらず、苦しんだ日々がなければこの楽しく幸せな日々はなかったと思います。

これからも子供のことを待ち望んだり、旅行に行ったり、二人でしか出来ない沢山の事と共に成長していきたいと思います。 スタッフの皆様方のご健康とご多幸ご活躍をお祈りしております。

手紙

片山先生

今年もあとわずかになりましたが元気でお過ごしですか?
時間がたつのは早いもので結婚して二度目、出会って三度目のクリスマスです。とても穏やかで幸せな日々を送っております。事あるごとに話をしては、運命の不思議さを感じています。
今でもお見合い日をきのうのことの様に思い出されます。来年の年賀状は写真入りではないのでクリスマスカードに二人の写真をつけて送ります。
先生も素敵なクリスマスをおすごしください。

手紙

片山様
こんにちは。先日一緒に撮って頂いた写真ができました^^ 本当にお世話になり、
ありがとうございました。片山さんの
アドバイスは、本当に心強く、有り難かったです。
また2人で遊びに行かせてもらいますね

JMA四日市でご成婚された方からの推薦文をご紹介します

推薦文

JMA等の「成婚システムサービス」と聞くと、皆さんはどう思われますか?私の入会は、JMAの新聞広告を見た両親がアドバイザーの方のお話を聞き、「男性の職業が安定している方が多く、システムもしっかりしているので、ここなら安心して娘を預けることができる」と即決したのがきっかけでした。その日はもちろん両親と大喧嘩でした。理由は、自分に内緒で入会手続きをしてきた事、恋愛結婚に憧れていた私が、JMAを通じて幸せな結婚ができるのかという不安からでした。

その後、母にJMAに連れて行かれ、話を聞くことに。しかし、話を聞いているうちに私の気持ちは「ここなら幸せになれるかも」とだんだん不安から期待へと変わりました。そして「恋愛と見合いは相手と出逢うきっかけが違うだけよ。自分次第で見合いでも素晴らしい恋愛ができるのよ。」と言われ、私はこの言葉を信じ、見合いをする男性を選びました。その時に選んだ男性こそ、もうすぐ生涯のパートナーとなる今の彼です。

今、振り返ると、短い期間のうちに普通の恋愛では決して味わうことができない程の中身の濃い恋愛ができたと思います。
素晴らしい男性と巡り逢えるチャンスを提供してくださり、また、いつも些細な悩み事にも相談に乗って下さったJMAのアドバイザーの皆さんには本当に感謝しております。ありがとうございました。誰よりも幸せなパートナーを見つけたいならJMAは最高ですよ!

推薦文

こんにちは

私はこの四日市の地にJMAが誕生した平成2年の春の“草創期”の会員です。
会員となって約2年余りの間に多数の方とお見合い、お付き合いをさせていただきました。
その間、紆余曲折はありましたが、現在の“奥様”と平成4年12月に晴れて「結婚」という運びとなり、その後二人の息子にも恵まれ幸せに暮らしております。まさに、“良縁”を賜り、スタッフの方々、特に現在代表をされております片山様には二人を結びつけて下さった“恩人”として今も感謝しております。

さて、私がJMAに入会を決めた動機ですが、それは新聞広告欄にあった「大きな広告」でした。折り込みチラシなどにも結婚紹介業の看板を掲げている会社は複数ありますが、新聞広告となると審査も厳しく、また大きなスペースとなると多額の投資になります。私も一事業者ですので理解できるのですが「人と人との縁」を仲介するのにこれだけ大きな先行投資をされる会社なら信頼に値する、という訳です。
実際入会してみて、それは期待通りでした。頻繁に足を運び、スタッフの方々と相談をしながら、最初は遠方の方々とお会いしましたが、やはり地元の会員同士の方が何かと便利なので、地元の会員の方々とお会いすることが多くなりました。

誰にでも結婚をするに際して、相手に様々な条件設定をされると思います。それは学歴、収入、財産、職業、容姿等々数え上げればきりのないことでしょう。
私にも当時いくつかありました。恋愛ではなく結婚ですから、これらの条件をいくつか満たせば“理想のパートナー”となるのかもしれません。しかし、実際、今の“奥様”と会ってみて自分の今までの結婚観が変わりました。彼女とお付き合いを進めていく中で私が彼女から得たものは「相性の良さ」と「誠実さ」と「安らぎ」でした。いくら「お金持ち」でも、いくら「社会的地位」が高くても、どれだけ「容姿端麗」であっても、対自分との間でそれらが無ければ、なかなか結婚までには至らないと思いますし、たとえ結婚したとしても不毛だと感じます。その意味では私は彼女から、否、彼女との間で何物にも変えられない「財産」を得た、と感謝しています。

結婚はゴールではなく、スタートです。“この人と結婚して本当に良かった”という気持ちをお互いに何年経っても色褪せることなく持ち続けられる。そんな“出会いの場”を提供して下さったのがJMAです。結婚生活20年を過ぎましたが、お互い喧嘩することもなく、「一緒に居て安心できる人」という意識を共有して今に至ります。「よくこんな私のような者と結婚してくれた」という私の“奥様”に対する感謝の気持ちは、結婚当初から一貫しております。これから、または今現在JMAに足を運ばれる皆様、スタッフの皆様と力を合わせて良縁を結んで下さい。信頼かつ感謝できる“出会いの場”として。

他にもいろんな言葉をいただいております

カウンセラー(JMAの元会員)の言葉

二十歳で小姑となり自宅でのお見合いは50回以上ありました。
それでも自分と同じような考え方をする人とめぐり会うことができず母と一緒にJMAに伺いました。
帰りのエレベーターの中で母が「入会しなさい」と勧めてくれたのを覚えています。
主人と出会って半年で結婚。主人は飾ることなく、はじめから「自分はこんな人間です」と接してくれました。
内気な私はとても安心し、ありのままの自分でいられたことが思い出されます。
主人と会うことを勧めて下さった事にとても感謝しております。
背中を押していただいたことが今の幸せにつながっています。
最後に、JMAのお見合いルームの壁に掛けてある言葉を一度ゆっくりご覧下さい。
「人と人との出会いに対し敬意と感謝がなければ真の良縁はあり得ない。今日のご縁を大切に」とあります。その言葉のとおりお会いする方ひとりひとりと向き合う時間を大切にしてほしいと思います。
スタッフとして良いアドバイスが良いご縁となりますように。

体験談

JMA四日市の皆さんへ

私は一昨年の年末に十数年つきあってた彼に別れを告げられ悲嘆に暮れてました。
「早く失恋から立直って幸せにならなきゃ!」30歳を目前にして焦りを感じ出会い系サイトをしたりしていましたが、そう上手くいく訳ではありませんでした。ましてや臨時の仕事も絡んだり…と多忙でどうにもなりませんでした。
臨時の仕事も終わり、ようやく落ち着いた頃、雑誌で色んな大手結婚相談所の宣伝を見て資料請求をして「どこの結婚相談所にしようか?」と検討した所、某相談所に決めそうになりましたが、JMA四日市さんの資料請求をしてみたところ、他所の資料とは違って私の知りたい事も載ってたので助かりました。
これがキッカケでJMA四日市さんへの入会を決めました。今、思ったら「予め資料請求して勉強して良かった」と思いました。

私は2月某日にJMA四日市さんへ入会しました。入会手続きにあたってプロフィールの欄に何をどう書こうか考えてました。
趣味が多く何て書こうか迷いましたが片山さんに「正直に書いたら大丈夫ですよ。Kさんは未だ20代だし、きっといい人にめぐり合えますよ。」と言われてホッとしました。
しばらくはプロフィールを見ながら、どの方が良いか検討した日々でしたが、忘れもしない3月2日に電話をかけたら「Kさんにお会いしたいと言っている人がいるから、都合の良い日を教えて下さいね」と言われたので「3月4日が休みなので来社させていただきます」と返事をしました。
3月4日の初めてのお見合い。それがYさんでした。最初は緊張しましたが、色々と話してるうちに話が合った所がたくさんあって、「彼は面白味のある人やなぁ」と思ってOKを出しました。
実を言うと彼以外の方と2人お見合いをしましたが、聞いてはいけない事を聞いてきたり、彼らの言動に苛立ちを感じて、お断りしました。
それにOKを出したにも関わらず二股まがいの事をしてはYさんに対して失礼だと思いました(Yさんゴメンなさい…。)。
欲張らずに交際して正解でした。それに自分の立場なども考えて贅沢を言ってはいけない…、そう思ったりもしました。

そしてYさんとの交際。お互いすれ違いの時期がありましたが、まず考えた事は「できるだけ相手を不快にさせないメール、話題をしよう」と思いました。
相手に対して失礼のない様に仕事先で見つけた花や面白いものをメールを送ってみたり、彼の好きな野球や温泉などの話題を選んで焦らず交際をしました。
これが功を奏したのか彼は喜んでくれたみたいで良かったです。
今は幸せな未来へと2人で…、と言うよりはお互いの家族を巻き込むことなのでそれを踏まえて両家共々、幸せな未来を歩んでいきたいと思います。

最後に「なかなか交際が上手くいかない」って方に何点かアドバイスをしたいと思います。

1、お互いの好きなものと嫌いなものを知って言動を行って下さい。そこから思いやりが生まれます。
2、メールは返事をせっつかない様にして下さい。お互いに都合があると思います。それよりも心が和むメール、相手の好きな話題を選んでメールの送信をおすすめします。
ただし、誤字や脱字のない様に気をつけて下さい。
3、何よりも自分にとって身分相応の相手を選んで下さい(勿論、好みも大切ですが)。
嘘ついたりするのは後々シンドイですよ。それに「贅沢は敵」です。
4、誰でもできる事と思いますが、自分がされて嫌な言動と焦りは禁物です。

その4つができたら、きっと上手くいくと思います。是非、実践してみて下さい。

最後になりましたがJMAの皆さんのおかげで今の私があります。 有り難うございました。
Kより