2017.11.06
JMA四日市の成婚者様とのご縁を感じました

先日8年ほど前にJMA四日市で結婚が決まった女性から電話を頂きました。
ご自身がJMA四日市で結婚が決まって幸せにされているので、友達にJMAを紹介したいからパンフレットを送って欲しいという内容でした。

 

電話では結婚後の名字で名乗られたので、一瞬戸惑いましたが、すぐにピンときました。
彼女は再婚で、小さい男の子を連れて入会に来てくれた、とても綺麗な女性でした。

 

彼女の結婚相手の男性は身長が高く、大手の会社にお勤めの素敵な男性でした。
彼は奥様を病気で亡くしていて、女の子を一人連れていました。

 

2人の年齢は少し離れてはいたのですが、彼がとても優しくて素敵な男性でしたので、
彼女にお薦めしましたところ、「そんなに優しい方なら」とお申込みされました。
彼女のプロフィールを彼に確認して頂いて、お見合いする事になりました。

 

お互いに子供がいますのですぐには決められませんでしたが、交際してからもお二人の気持ちは信頼しあっているように感じました。

 

交際からしばらくして、これからどうやって進めたらいいのかを二人で相談に来られました時に色々とアドバイスした事を今もはっきりと覚えています。
今も幸せな結婚生活を送っていらっしゃるようですからとても嬉しく思いました。
いつまでも仲良くして頂いているのが一番嬉しいですね。

 

 

また、JMAの定休日に近くショッピングモールにお買い物に出掛けた時の事です。
お花を買おうと思って物色していたところ、後ろに何か視線を感じたので視線の方に目を向けると、
16年位前にJMA四日市を成婚退会した女性が私の方をじっと見つめていたのです。

 

目が合うと彼女は笑顔で「お世話になりました」とお礼を言って下さいました。
彼女のすぐ隣に目を向けるとそこにはかわいい女の子が立っていて、
お母さんは「この子、もう5年生なんです」と紹介してくれました。

 

お子さんは私の事を全く知らないので「誰なの?」とお母さんに尋ねていました。

 

皆さん本当に仲の良い家庭を築いていらっしゃるのでとても嬉しいですね。
今は近くのお店にお買い物に行くとJMA四日市で結婚が決まった方達に毎回お会いするほど密度が濃いように思います。
きっと28年間の成果でしょうね。

 

これからも一組でも沢山のカップルを誕生して頂けますようにお手伝いさせて頂きたいと思います。
そして日本の少子化に少しでも貢献できればと思います。

TOPへ