2016.07.07
この日を心待ちにして – 成婚速報 –

どんなにこの日を待ちわびていたことか。

来週早々入籍を控えたお二人が、成婚退会のため、JMA四日市に来社されました。
お二人ともスラリとしたスタイルと容姿、そのうえ知性と人柄も兼ね備えた本当にお似合いのカップルです。
式の日取りなどはまだ未定とのことですが、彼女の誕生日前に入籍を済ませるとのこと。
ご実家とは少し離れた場所での新婚生活となりますが、何よりお互いのご両親がとても喜んでいらっしゃるとお聞きし、本当に嬉しい限りです。

彼のご職業が税理士ということもあり、繁忙期にはなかなか会えない日もあったそうですが、互いに時間をやりくりし、少しの時間でも会えるように努力したのだとか。
彼女の方も大変忙しくされていましたが、それでもお見合いから成婚退会までは4ヶ月半しかかかりませんでした。初めて会った日から数ヶ月後に入籍なんて本当に良いご縁ですね。

睡眠時間を削ってまでも彼女に会いに来てくれた彼。
そしてつい、帰りの電車の中でうとうとと眠ってしまった彼の寝顔を見て「こんなに疲れているのに会いに来てくれたんだなぁ」と、その幸せをかみしめていた彼女。
お二人のエピソードを聞けば聞くほど、こんなにも感性がぴったりのお二人はいらっしゃらないのだと改めて確信しました。
彼と初めて会った時「こんなに何もかもがしっくりくる人がいるんだ」と驚いたそうです。そして改めて出会えたことに感謝したのだとか。

聞けば、彼女は入会前は結婚相談所に対してもっと否定的なイメージを抱いていたのだそう。
婚活自体が初めての経験だったそうで、入会するのにずいぶんと抵抗があったのだとか。
ただ、入会後は最初のイメージは完全に払拭され、「こんなに何でも相談ができ、自然に活動ができるのならもっと早く入会すればよかったです」とおっしゃっていました。
今では周りの友人たちにもどんどん入会を勧めてくれているのだとか。
私達がどれだけ良いサービスを提供しているのか実感して頂けたようでとても嬉しいです。

「ヘゼリヒ」

オランダ語で、愛する人と共に時を過ごすような心が快い感覚を意味する言葉だそうです。

彼女が彼と一緒にいる時に感じる、何とも言えない心地よくあたたかい感情。
きっと彼女は今、このような感覚なのかもしれません。

20160704

 

IMG_0920

TOPへ