2017.08.21
プラス思考のお見合いを

お盆も明け、8月も後半に差し掛かりました。
暦の上では秋ですがまだまだ暑い日が続きます。
そんな中、JMA四日市の会員様方は頑張って婚活に励んでいらっしゃいます。

 

先日、新しく入会された方のお話をさせて頂きます。

 

会員様には初めにデータの登録の際に自己PR文を書いて頂いております。
自己PR文は趣味、特技、好みの物、日常生活の様子、結婚観などその方の人柄が感じ取れるとても大事なデータの一部です。

 

皆様、ご自身についてとても誠実に書いて下さり結婚への真面目な取り組みが伺えます。

 

先日、その会員様が自己PR文を出して下さる際に、とても神妙な面持ちでおっしゃいました。
「頑張って一生懸命書きました。でも頑張りすぎて1、2割増しになってしまったんです。それでもいいでしょうか。」と。

 

私は「良いですよ。皆さんそうですから全く問題ないです。
婚活に向けてとても前向きな気持ちである証拠ですから、とても良いことだと思います。」
とお答え致しました。

 

それを聞いて会員様は少し安心されたご様子でした。

 

結婚への意欲があり、向上心がある事。
少しだけ上に目標を置き、その為の努力を惜しまない事。
生き生きとしている人は、とても魅力的で輝いて見えます。

 

 

この件で思い出しましたが、この事に関連した少し残念なお話があります。

 

先日サロンでお見合いがあり、お二人共よくお話されていました。
交際に発展するかなと思っていたのですが、
結果男性は交際希望、 女性はお断りのお返事でした。

 

理由は男性の消極的なお考えに気持ちが落ちてしまったそうです。

 

お見合いの席で自慢話ばかり聞かされるのも気分の良いものではありませんが、
あまり自信のない発言もマイナスのイメージに繋がりますので気を付けて頂きたいと思います。

 

お互いに「この人と一緒にいて楽しいな、居心地が良いな」と思える人に出会いたいものですね。

 

一生を共に生きていく大切なお相手選びをする婚活の場。
皆様胸を張って積極的なお気持ちで臨んで下さいませ。

TOPへ