2017.11.03
チャンスを逃さずに

先週までは行楽シーズンにもかかわらず、雨が続きましたね。
雨の日は気分も沈みがちになりますので気分転換に部屋の模様替えをしたり、読書や映画、友人とお茶に出掛けたりしてご自分で楽しみを見つけて下さいね。

 

28年の実績のあるJMA四日市では現在も多くの会員様が活動されています。
会員様のタイプも様々で、社交的で活発な方もいらっしゃれば寡黙でゆったりとされている方もいらっしゃいます。

 

会員様のお写真は比較的にこやかな表情で写っている方が多く、自己PR文もしっかりと書いて下さっているので、
何となく初対面から明るく楽しいお話をする方を想像してしまっているのかも知れません。
もちろんイメージ通りの方も沢山いらっしゃいますが、中にはシャイで少し寡黙な印象の方もいらっしゃいます。

 

そういった方は後からじわじわと良さが見えて来るタイプなので、お見合いの僅かな時間ではなかなか伝わりにくいのが難点です。
ご自分の良さを出し切れず断られている方は是非ともコツを掴んでお見合いを成功させて頂きたいと思い、心得て頂きたい点をいくつか挙げてみました。

 

 

当たり前のことですが、その方とのお見合いを一度切りのチャンスだという意識を強く持って下さい。
限られた貴重な時間を有意義に過ごす為に心掛けて頂きたいこと。

 

まずはお相手の顔を優しい表情で見ることです。滑舌良く爽やかに挨拶をしましょう。

 

明るく楽しい雰囲気を作ることはとても大切です。
緊張しすぎて重苦しい空気が流れていると会話もギクシャクし、話しづらくなりますので気を付けて下さい、

 

会話はキャッチボールだと言う意識も忘れずに。
一方的に話したり、聞いてばかりではお相手に不快感を与えます。

 

お相手がお話されている間は頷いたり、共感したりしてリアクションを取って下さい。
お相手がとても話し易くなります。

 

たとえあまり興味のない話題であっても話を終わらせず、ある程度は興味深げに聞くことも必要です。
一生懸命に聞いてもらえることでお相手は安心し、嬉しくなります。

 

ご自分からも事前に話題をいくつか用意しておいて下さい。
話が盛り上がれば良いですが、そうでない場合のことも想定して引き出しをいくつか準備しておくことも必要です。

 

上記の点を参考にして頂き、充実したお見合いを心掛けて頂ければと思います。
お互いの事を少しだけ知り、もう一度会ってもう少し話がしてみたいなと思える余韻の残るお見合いが出来ればベストです。

 

お付き合いが始まったら徐々に貴方の魅力がお相手に伝わって行きますのでそこからが本領発揮ですね。
スルメ型の会員様方、最初が肝心です。
どうかほんの少しの勇気を持って積極的なお見合を心掛けて下さいね。

TOPへ