2017.11.11
ふたりでランチを

気付けば11月もすでに半ばにさしかかり、朝夕の指先の冷たさにハッとさせられます。
カレンダーに記された立冬の文字。ボジョレー解禁日。店頭に並ぶ年賀状。
身の回りの小さな事柄に冬の訪れを感じます。
お見合い時の会話でも、開口一番「寒くなりましたね」などの話題が出ることが多くなりました。

 

最近、男性の新入会が多いからか、お見合い時のお出かけ先の相談を受けることがよくあります。
JMA四日市サロンで30分ほどの顔合わせ後、多くの場合は近くのカフェに移動して、
お茶を飲みながらケーキ等というのが一般的のようですが、
時間がちょうどお昼時(あるいは夕方遅くて夕飯時)になった時に食事をどうするのかと迷うことが多いようです。
結論から先に言うと、できれば一緒にお食事することをお薦めします。

 

ランチョンテクニックと言うそうですが、一緒に食べることでまず会話がスムーズにいくと言われています。
そして、美味しい・お腹がいっぱいという人間の欲求が満たされるため、相手の要請を受け入れやすいとも。
また、食べているときは無防備で開放的な心理状態なので、相手の話を聞こうとする心理も働くそうです。
また、事前にお相手の苦手な食べ物をチェックしたり、食べづらい物はなるべく避けることなども気を付けたいところです。

 

先日も同じ質問をされた男性がいらっしゃり、上記のような理由をお伝えしたうえで一緒に食事することを提案致しました。
そして結果は・・お互いに交際希望となりました。

 

もし迷われた時はぜひ「一緒にランチ」をお薦めいたします。

TOPへ