2017.10.06
お相手の気持ちを考えて

空は青く澄み渡り、爽やかな風に乗せて甘い金木犀の香りが漂います。
夜になると優しく奏でる虫の音にも秋の風情を感じますね。

 

秋と言えば、、
読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋など何をするにも良い季節です。

 

そして忘れてはならないもう一つ秋、
婚活の秋でもあります。
これから寒くなる季節の前に、素敵なお相手を見つけてあたたかい冬を迎えませんか。

 

JMA四日市では最近も20代半ばの会員様が何人か入会され、熱心に活動されています。
早い時期からご自分にふさわしいお相手を見つけようとお若くてもしっかりしたお考えの方が多いのには感心致します。
皆様が素敵な方と出会われますよう私達もお手伝いさせて頂きますね。

 

 

さて、今回活動中の会員様に交際に関しまして特に注意して頂きたい点がございます。

 

お見合いはご自分がお会いしたい方に申込みをし、お相手が受けた場合に成立、
又はお相手から申込みがあり、ご自分が受けた場合に成立となります。

 

お見合い後、双方が気に入れば交際に入ります。

 

多くの方との出会いによってご自分に合った方を見つけて頂くのが結婚相談所の特徴ですので、同時期にお見合いが重なることもございます。
ですから一時期ダブル交際になる方もいらっしゃいます。

 

ダブル交際がルールとして可能なことは活動初期にお話し致しますので、会員の皆様には把握して頂いております。

 

しかし、いざご自分と交際している方が他の方ともお付き合いをしていることを知れば、決して良い気持ちにはなりません。
ましてやその方をとても気に入っているのであればより辛いものです。

 

お相手のお気持ちを察して、気づかれないように配慮して頂くのも暗黙のルールです。
ダブル交際もそんなに長く続くものでもなく、一時的なものです。

 

男性も女性もお互いに自分だけを見つめて欲しいと思っています。
好きな人から「君だけ」 「貴方だけ」 と言われたらどんなに嬉しいでしょう。

 

交際中の会員様方、くれぐれもお相手への優しい気遣いを忘れないで下さいね。

TOPへ