2010.10.07
歩み寄りが大切ですね

朝夕はめっきりと涼しくなり、周りのちょっとした風景に小さな秋を見つけることができるようになってきました。
過ごしやすくなったこともあり、JMAでは会員さんが閲覧にいらっしゃるのが増え、故にお見合も盛んになって参りました。
交際中のカップルも様々で、まだ交際が始まったばかりの新米カップルや、頻繁にデートを重ねている順調組、ちょっと男女で気持ちの温度差がある戸惑い組など、交際模様もまちまちです。
先日、お二人で交際の報告にいらっしゃったカップルは、男女それぞれにお渡した書類を男性が何の躊躇もなく、自分の分の書類をさっと女性のバッグに入れました。
その行動があまりにも自然でさり気なく、また女性も当たり前のようにそれを受け入れていたのを見て、このカップルの交際はとても順調に進んでいる、と私たちスタッフは感じました。
相手を信用し、二人の間の親密度が増しているからこそ、こういう仕草が自然と出来るのでしょうね。
反対に「いい人なんだけど、真面目な話しかしないから堅苦しくてデートから帰ると疲れてしまう」とか「こちらは打ち解けた感じの話し方をしても相手はいつも敬語で返事をしてくるので、こちらもまた敬語になってしまう」等、お互いの気持ちに温度差がある場合はなかなか進展しない場合が多いですね。
でもこういうカップルもデートの回数を増やすとか、少し遠出のドライブに出掛けるとかすれば、二人の距離が縮まるのではないでしょうか。
まったく違った環境で育ったお二人なのですから、戸惑うのも距離があるのも当たり前。
本当に「この人!」と感じたなら「相性が合わないのかしら・・」と考えずに歩み寄る努力をしてみましょう。

TOPへ