2015.11.12
助け合いの気持ち

秋も深まって参りました。紅葉の美しい季節です。(暦の上では既に冬になってしまいましたが、、)
ご近所の方から柿やさつまいもを沢山頂き、秋の風物詩を楽しみながらの毎日です。

さつまいもで思い出しましたが、昔知り合いの家に遊びに行くとよくその家のお爺さんが「大学いも」を作ってくれました。

もうずいぶん前の話ですが、当時そのお家はお爺さんが料理好きな人で色々な料理をよく作られていたそうです。

今は男性も料理をする人が増えて来ていますが(JMA四日市の男性会員様にも結構いらっしゃいます)、当時は男性が台所に立つというのは珍しかったので、エプロン姿のお爺さんを見た時は不思議な光景と共に「カッコイイ」印象を受けたことを思い出します。
今思えばそのお爺さんは時代の先取りをしていたわけですね。

最近は結婚してからも共働きの夫婦が多いので、お料理の出来る男性は女性にとっても助かるのではないでしょうか。
もちろん結婚されてから料理を始められた方もいらっしゃいます。

夫婦円満の秘訣はお互いを尊重し思いやること。幸せな家庭を築く為に二人で協力し合うことが大切です。

かつては男性の仕事であった日曜大工も今は女性でも出来る事はたくさんあります。
TVなどでも話題になっているDIY。
ホームセンターの売り場では女性にも使いやすい工具が豊富に揃っているそうです。

ご自分で椅子や棚を作ったりして今や趣味がDIYという女性も結構いらっしゃいますね。
ご自宅のインテリアやガーデニングなどハンドメイドの物が増えればオリジナリティ溢れる家になって、ますます二人の生活が楽しくなるのではないでしょうか。

男性の仕事、女性の仕事と区別するのはもう古いのかもしれません。
これから結婚される方や新婚の方達もお互いに助け合い楽しみながらよりいっそう夫婦の絆を深めていって下さいね。

TOPへ